株式投資

【株式投資実践記】その2:7月収支について(途中結果)

こんばんわ!キャリアパッシーこと、Paccy91です。

関東は今週もスゴイ雨でした!皆さんの地域ではどうでしたか?

熊本県では本当に辛い思いをした方も多いかとおもいます。今、私にできることはあまりないかもしれませんが、寄付など、できることはやっていきたいとおもいます。

昨年は出身地である長野も大変な思いをしました。私の地元は何とか難をの逃れましたが、被害の大きな災害となりました。

残念ながら、お亡くなりになられた方には心からお悔やみ申し上げます。

 

そういえば、中国も大変な洪水のようです。

そんな中、「さすが!中国!!」と言えるようなツイートがありました!!!

Twitter↓↓↓

https://bit.ly/39aqHeo

床上浸水中にも関わらず、麻雀に興じている方々・・・なんともたくましいですね・・・

早く非難して何事もないことを祈るばかりです。

 

さてさて、今週は7月途中の株式投資の結果をお伝えしたいとおもいます。

正直、私はまだ初心者なので、相場を読む力はありません。

そんな私でもできる

波乗り投資法

を、Paccyは実践中となります!

ちなみに、私が波乗りをしているのは「ヒューリック」という銘柄なのですが、

少し不安材料がある会社かなと思っています。

決算後の四季報には以下のように記載されていました。

 

~~会社四季報より~~

【誤 算】ビル賃貸はオフィス軸に稼働堅調。都心部で新規物件の取得、REIT軸に売却は進むが、外出自粛による取引停滞で短期売買難航、売却益縮小。ホテルの営業自粛もあり営業益は微増が精いっぱい。新型コロナ影響織り込まぬ会社計画過大。

 

世の中は第二波、第二波と騒いでいる最中で、東京・神奈川もかなりの警戒状況であり、

期待のGO TO キャンペーンも東京が除外と、まだまだCOVIT-19の影響は計り知れないようです。

そのような中での「誤算」と書かれてしまうと、だいぶ不安が増してきますww

しかーし、そんな不安も

波乗り投資法

なら心配無用といったところです。

しっかりと、各々の買い・売りのポジションに意味を持たせていくことで、ここはしっかりと乗り切れると考えています。

また、乱高下あるということは、儲けのチャンスも増えるというものです(逆もありますが・・・)

とはいえ、昨日はちょっと早まった決済をしてしまって、ちょっと後悔しています( ゚Д゚)

ちなみに、今の損益状況やポジションの状況は以下の通りです。

<7/17終値:985円>

  • 買い:1,082円(200株)
  • 買い:1,042円(200株)
  • 売り:1.001円(200株)
  • 買い:985円(200株)

含み損:-29,402円

先月までのポジションから、売りの1,035円と買い980円を7/16の終値「1,010円」で決済しました。

その結果、現時点の収支は以下のようになっています。

確定利益は合計9,057円、含み損として29,000円ほどあるので、

状態としてはマイナス収支中といった感じでしょうか?

でも、まー、予定通りというか、前回のブログで動こうとしていたことを実践できたので、

マイナス収支でも実行指数は0点ではなく、50点といったところでしょうか?

前回の上げたポイントを踏まえて、改めて振り返ってみたいと思います。

①さらに株価が下がった場合

    • 980円前後で買いを入れます。その後、買いの引き下げ(1,082円が高値の買い残りになってしまうかもしれないので、それを引き下げます)にいきます。
      • 実取引)980円で買いを入れました!しかし・・・それを単独決済して+30円(*200株)の利益だけを取ってしまい、買いの引き下げはしませんでした。。。

②株価が上がった場合

    • 大きく反発して、1,065円以上になったら、売りを入れます。これはこれは、1,082円との損失固定を小さくするものです。
      • 実取引)売りの1,035円を上記の買い980円と同時決済をしました。そのため、売り1,035円の損失固定を外してしまい、含み損が増える結果となりました。。。

と、いうことで、今は買いが3つと売りが1つといった状況になっています。はっきりいって、この売り1,035円を決済したのは間違えでした・・・

もともと、この 売り1,035円 は、買い1,082円 との、

固定ポジションであったため、

株価が1,080円付近にならないと外してはいけないものかなと改めて思いました。

また、985円で再度、買いのエントリーをしました。

最近は980円から1,010円でのレンジ相場となっていることから、

買いの反発をねらって+20円の利益(1,005円以上)となった時に単独決算します。

また、さらに1,040円と1,080円の間で売りをもう一つ持ち、高値の買いの1,082円の損失固定を小さくしていきます。

もしくは、買いの引き下げをしたいので、1,025円まであがったときは、

買い1,040円と買い985円との相殺、

さらに上がって、1,050円以上になってきたときは、

買い1,082円との相殺を狙います。

とにかく、今は買いを多くもっているので、

反発した場合は、上にある買いを引き下げていきます。

 

はい!今週は株式投資について、書いてみました。こうして、アウトプットしてみると、自分自身の取引きを客観的に見れるので、ある意味、最高の復習になりますね!

やっているときは、パパっと判断しすぎてしまい、あまり考えていないことも判明したので、、、

ではでは、また来週!チャオー!!

関連記事

  1. 株式投資

    【株式投資実践記】その1:6月収支について

    こんばんわ!キャリアパッシーこと、Paccy91です。皆さんは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 自己啓発

    『社畜語録1』社畜、それは理不尽に咲く花
  2. 不動産投資(REIT)

    『投資を学ぶ』不動産投資(REIT)を学ぼう④
  3. 面接実践記

    [令和2年-3回目] キャリアパッシー面接実践記3
  4. 自己啓発

    履歴書で落とされてしまう人
  5. 自己啓発

    『社畜語録』社畜、俺の代わりは俺だけ
PAGE TOP